読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fciv.exeでファイルの整理2

fciv.exeを使ってファイル整理をしてみる

まず、DOS窓からファイルのハッシュ値をとる

J:\>fciv -add hogehoge.bat
//
// File Checksum Integrity Verifier version 2.05.
//
d9a5d8a6db77382d4b660554adaf64a9 j:\hogehoge\hogehoge.jpg

ハッシュ値」+「空白」+「ファイルの場所」が出力される

ハッシュ値(一方向要約関数の値)なので、このファイル以外にこの値は存在しない

オプションで複数ファイルの一括取得も可能

標準出力で一覧をテキストとして得る

 J:\>fciv -add hogehoge.bat > hash.txt

得たテキストファイルをエクセルで読み込み、ハッシュ値でソートする

同じハッシュ値はバイナリレベルで同一のファイルとなる

列を一つ用意して

  =IF(D2=D1,"del ","")

こんなエクセル関数でdelを付与する

delが付与されたファイルと空白とファイルの場所を連結する

ファイルの場所は「"」ダブルコーテーションで囲んでおく

この連結されたテキストをバッチファイルに書き出して実行する

(ドット)付のファイル名やアクセス権、読み取り専用などのファイルは処理されないので注意する

読み取り専用を解除するならattribコマンドが便利、アクセス権を変更するならicaclsコマンドが便利です

ハッシュ値をファイル名に転用すれば、同名ファイルで保存不可も回避できる

デジカメの画像ならExifを引っこ抜いて「日付」+「ハッシュ値」.jpgな名前にすれば、ソートも楽ちんになる